「 タレント 」 一覧

タレント・春香クリスティーン

【祝・人生2度目】春香クリスティーンに一般人彼氏発覚!熱愛遍歴を振り返る

西洋風の可愛らしい外見と芸人のネタをドイツ語に訳して披露するモノマネ、最近では政治オタクとしてもそれなりのポジションを気付いているタレント・春香クリスティーン。彼女は22年間彼氏が居なかったこと、初めての彼氏とスピード破局も話題になったが、このほど新しい彼氏が出来たようだ。さて、一体こんどの彼氏はどんな人物?

モンストCMに出演する帽子の茶髪ギャル・遠山茜子

モンストCMで上島竜平にビンタ!黒髪ギャルのプロフィールまとめ

モンスト3周年CM「モンストやるなよ」ギャル編で、上島竜平に強烈なビンタを喰らわせた右側の黒髪ギャル。この女の子は誰?というユーザーの声にお応えして調査!そして何とかプロフィールをゲット!この黒髪ギャルのプロフィールやタレント活動についてまとめてご報告しよう。

モデル・タレントのハリー杉山

先祖が王様・ハリー杉山と熱愛・告白の噂がある5人の女性とは?

イケメンモデルとしてデビュー、現在はバラエティタレントとしても活躍するハリー杉山。イギリス人とのハーフで先祖には英国貴族がいるという意外にも高貴な血筋のようだ。しかしそんな彼をテレビで見ると番組企画で告白⇒振られるという熱愛のイメージが強い。彼がこれまでに告白した、もしくは熱愛の噂が出た女性5人をまとめた。

東進ハイスクール講師でタレントの林修

「今でしょ!」林修の名言から見る「デブへの3つのトラップ」とは?

「いつやるのか、今でしょ」もはや馴染みの名言となったこのセリフは予備校講師・林修が授業で発したものだ。これがテレビCMで放送されると話題に。一躍人気タレントの仲間入りとなった。博識で知られる彼は「デブは文化」と公言する。デブには回避すべき3つのトラップが存在するというがそれはいったい何だろうか?

佐倉星

【いい部屋ネットCM】ショートカットの女の子・佐倉星、好きな芸能人への愛がヤバすぎる!

いい部屋ネットのCMに出演するショートカットの女の子。名前は佐倉星だ。「星」で「あかり」と読む。彼女は、とある芸能人が好きすぎるほど夢中なようだ。その様相は尋常ではない。一体彼女は誰が好きなのか?

離婚キャラが定着したタレント女医・西川史子

タレントで医者の西川史子は勤務医だった!離婚した旦那は誰だ?

今や負け犬キャラクターが定着した女医でタレントの西川史子。結婚の条件は年収4000万、ブサイクは生きる価値無と暴言を吐きセレブや勝ち組といったイメージが強かった彼女。開業医は儲かるのか!と思いきや実は勤務医だったようだ。

ホリエモンの彼女とされる廣井ゆう

ホリエモンこと堀江貴文の彼女?夢は実業家のタレント・廣井ゆう

実業家・ホリエモンこと堀江貴文の彼女とされる女性がタレントの廣井ゆうだ。彼女はミスコンの頂点に立つほどの実績を残しているものの芸能界デビュー後はパッとした活躍を聞かない。夢は実業家という彼女はいったいどんな人物なのか?

ミスインターナショナル・吉松育美

ゲームオブウォーCMの棒読み女性・吉松育美、ストーカー騒動の真相と現在

『来たれ勇者たち、私のヒーローにならない?』このセリフを棒読みで披露するCM「ゲームオブウォー」の女性・吉松育美。彼女は過去にストーカー被害を受けたとして一部メディアが取り上げていた。この騒動の背景には色々な黒い噂の存在しており、芸能界の恐ろしさが浮かび上がってくる。

大宮エリー

『サラリーマン向かない!』大宮エリーが電通を辞めた理由

タモリ倶楽部などで時々見かける大宮エリー。元電通の社員でCM制作などを手掛けていた。独立後はCM制作以外に映画監督や作家、画家、さらにはラジオMCなど活動の幅が広い。それにしても彼女はなぜ電通を辞めたのだろうか?もったいない。

福田萌

【ビジネス】福田萌が学歴炎上したたった一つの理由とは?【横浜国立大】

高学歴発言で炎上したタレント・福田萌。日テレ「ナイナイアンサー」をきっかけにバッシングを受けた彼女はどんな発言をしたのか?そもそも彼女の発言は炎上狙いとも言われるが果たして・・・。芸能人の炎上商法のメリットデメリットを福田萌のケースと合わせて紹介しよう。

教育評論家・尾木直樹

ブログで炎上の尾木直樹、講演依頼の料金はいくら?

教育評論家の尾木直樹。2016年、北海道の児童置き去り騒動において無根拠に父親を疑った内容をブログに掲載。事件解決前の憶測コメントをインターネットメディアが紹介し大炎上に発展した。近年、ご意見番的としてマスコミに利用されている彼はネットを中心に嫌われ始めたようだ。そんな彼に講演を頼むと料金はどのくらいになるのか?

荒牧陽子

荒牧陽子『生活苦しい』も家賃30万のマンション暮らし!不倫略奪婚のものまねクイーンの今

「ものまねクイーン」として一躍テレビで有名になった「ものまねシンガー」の荒牧陽子(あらまきようこ)。一時期は年収1億円とも言われた人気タレントは突然の活動休止。体調不良とも言われているが、荒牧陽子がテレビから消えた背景には不倫略奪トラブルがあった。

ドクター中松

ドクター中松、2015年12月で余命宣告の2年に達するが果たして・・・

ドクター中松が前立腺がんで余命2年ほどと公表してから2015年12月末でおよそ2年。いわゆる余命の期間を過ぎようとしている。余命をがん治療ロボットの開発に費やすとしていたドクター中松は今どうしているのだろうか?がん治療に関する何かしらの発明は行っているのだろうか?