暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

【おバカでもわかる】節税・脱税・租税回避って何が違うの?家電量販店で無理やり例えてみる

      2016/09/04

パナマの法律事務所から流出したパナマ文書による各国政治家のタックスヘイブン。

パナマ文書やタックスヘイブンについては下の記事を読んでもらうとする。

タックスヘイブンとは、「租税回避地」のことである。
「租税回避」、つまり税金を収めなくて済む、もしくは低い税率で納めること。

端的に言ってしまえば「税金安くしちゃおう」ということ。
この不況時代において、税金を安くしたいというのは誰でも大なり小なり思うことだ。

ところで、不況が続くとメディアには「節税」という言葉が登場する。
「節税」は説明するまでもなく「納める税金を低く」することだ。

そうなのである。
つまり、租税回避と節税は同じことをしているのだ。

しかし、「節税」でタックスヘイブンのような問題が起きたなどと聞いたことがない。
少なくともニュースで報じられたという記憶は脳内に存在していない。

あれ?

ハニワ

では、租税回避と節税の違いはなんなのだろうか?

さらには、「脱税」。

これは、税金を納めない明らかな犯罪というのは一般認識されるところである。

租税回避と節税、そして脱税の違いはなんだろうか?

この3つの違いについて、おバカな私がなんとか調べてまとめた。

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

節税と租税回避と脱税の違いを一言で言うと?

税務署

最初に節税、租税回避、脱税の3つがどのように違うのかを説明する。

これらの違いはひと言で次のように示される。

目的は一緒。手段が違う

そう。
納める税金を少なくする(ゼロにする)という点では、節税、租税回避、脱税は同じ目的なのである。

違うのは、その目的を達成するための手段・方法なのだ。

節税とは?

まず節税。

節税というのは、控除や免除、非課税と言った国が正式に認めた制度を駆使して納める税金を少なくする行為である。
サラリーマンを例にすれば、年末調整で会社に申請する生命保険などの控除などがそれにあたる。

確定申告

要するに「~の条件を満たしている人は、本来納める税金を***くらい安くしますよ」ということである。
このような制度を利用した税負担の軽減を節税という。

これを家電量販店などのポイント制度で例えれば、溜まったポイントで購入する商品の金額を賄うようなものと言えるかもしれない。

租税回避とは?

次に租税回避。

非常口

租税回避とは、タックスヘイブンなどを利用して納める税金を少なくすることだ。

節税との違いは、合法であるが不当であること。
免税や非課税、控除などとは違い、国が想定していない手段で税金を少なくする。

税金のかからない、もしくは税率の低い国にペーパーカンパニーを設立して、そちらに資産を移して自国内での租税を逃れる。

家電量販店で例えるのはかなり難しいが、無理に例えると次のようなものになる。

他人のポイントカードを使って、購入時の金額を賄ってしまう

「別に犯罪じゃないんだろうけど本当はやっちゃだめなんじゃねえの?」という感じが近い。
このようなことを想定されていない制度設計や性善説で成り立っている制度の逆手を取った手段である。

脱税とは?

最後に脱税。

これは完全に違法な手段で税金を納めない、もしくは金額を低くすること。
やったら逮捕される。

政治家

家電量販店に例えるなら、お金を払わずに商品を強奪してお店を出るようなものである。

脱税は、刑事事件(警察とか動いて裁判に掛けられるよ)であり、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金といったように犯罪者の仲間入りになるのである。

節税・租税回避・脱税の違いまとめ

だいぶ強引な例えもしているが、おバカな私が理解した節税・租税回避・脱税の違いはこのような感じであった。

節税
国の制度を利用して税金を減らす。好ましい方法
租税回避
合法だが盲点を突いたトリッキーな方法で税金を減らす。好ましくない方法
脱税
違法行為で税金を減らす。やったらアウト

このように最終的にたどり着く結果は「税金を減らす(もしくはゼロにする)」と同じものの、そこに至る過程がまったく違うのが「節税・租税回避・脱税」なのである。

パナマ文書に示された税金逃れの疑いがある人物たちは、結局税金を納めたくないという思惑で、合法だが非人道的な手段を取った可能性がある。

そのためにこれほどのニュースになっているのである。

 - 特集・まとめ ,