暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

逮捕後どうなった?ZOO元メンバー坂井俊浩(CAP)の覚せい剤事件を振り返る

      2016/09/04

1990年代に活躍した音楽&ダンスユニット・ZOO。
そのメンバーであるCAPこと坂井俊浩(さかいとしひろ)が逮捕されたと衝撃の一方が飛び込んできたのが2015年7月7日だ。

麻薬特例法違反

つまり危険なお薬に手を染めていたということになる。

芸能人の覚せい剤事件はもやは常態化しているが、やはり有名アーティストグループのメンバーが逮捕されることは衝撃的である。

坂井俊浩は逮捕の数日前の生放送の音楽番組に出演していた。
その際の言動やテンションの異様さが話題にはなっていたが、逮捕を受けて一気にその時言動に注目が集まったのだ。

彼はどんなテンションでどんな言葉を口走ったのか?
当時の状況を振り返ろう。

そして逮捕後の坂井俊浩はいったいどうなったのか?
世間は、逮捕には興味があるものの、その後にはさっぱり興味を示さないから困ったものだ。

逮捕はあくまで疑い。
重要なのはその後の裁判なのだから。

ということで、坂井俊浩の逮捕後も追ってみた。

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

坂井俊浩(さかいとしひろ)プロフィール

元ZOOのCAPこと坂井俊浩

生年月日
1969年2月25日
出身地
東京都
血液型
B型
身長
181cm
Facebook
@cappimppomppump

坂井俊浩。
1969年2月25日、東京都生まれ。

1989年に結成されたダンス&ボーカルユニット・ZOOのメンバー・CAP(キャプ)として活躍した。
ZOOの元メンバーには、元EXILEのリーダーHIROTRFのボーカルYU-KIなども名を連ねている。

ZOOの代表曲は、「Choo Choo TRAIN」、「YA-YA-YA」や「Gorgeous」などだ。

特に「Choo Choo TRAIN」はEXILEがカバーしたことで2000年代でもの認知度は極めて高い。

様々なヒット曲を世に送り出したZOOだが、1995年12月25日に惜しまれつつ解散した。

ZOO解散後の坂井俊浩は何をしていた?

ZOO解散後の坂井俊浩は、制作会社の経営新人プロデュースなどを仕事としていた。
また、自身もDJ CAPROCKC名義で音楽活動も行っていたようだ。

もう少し具体的な活動内容を示すと次のようなものになる。

  • ヒップホップ無料体験会
  • DJ
  • 新人アーティストのプロデュース
  • 制作会社経営
  • ダンス講師

覚せい剤逮捕の経緯

2015年7月7日に逮捕された坂井俊浩。

彼は、逮捕の3日前にあたる2015年7月4日に日本テレビの生放送音楽番組「THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。」に出演していた。
櫻井翔が司会を務める毎年恒例となった長時間の生放送音楽番組である。

坂井俊浩は、同じくZOOの元メンバーであるSATSUKITACONAOYAと共に番組でパフォーマンスを披露した。

ところが、注目は彼らのパフォーマンスよりも坂井俊浩の台本にはない言動に集まった。
彼の予想外の行動や言動に生放送の現場は混乱したようだ。

その一部始終を再現するとこうなる。

徳島えりかアナ『ではZOOの皆さん・・・』

坂井俊浩が徳島えりかアナを遮りしゃべり始める。

坂井俊浩『えっ、ちょっとアレですよ』

坂井俊浩『ぼくらZOOとしては、やっぱ今日、最高の仲間たちとこうやってあの、最高のステージ立てて、あの~、本当うれしいんですけども・・・』

坂井俊浩、客席を指さす。

坂井俊浩『え~、僕らほんと、仲間をリスペクトしていつも、ここまでやってきたんで。最高の仲間の、一番前のめりなヤツらが何人かいないんで、また次回、こういう機会がもらえるんだったら、ぜひ一緒に踊ろうよ』

櫻井翔『たくさんのメンバー、見たいです』

坂井俊浩『すみません、とりあえず、言いたかったんです』

彼の独演は30秒ほどに渡った。
生放送における予定外トークとしては異例の引き延ばしだったという。

この異様なハイテンションの言動は、当然インターネット上で話題になった。
しかし、彼がこの3日後に逮捕されることになるとは警視庁の関係者と一部のカンの鋭い人間以外は思いもよらなかったことだろう。

2015年7月7日、七夕。
坂井俊浩は、東京都内のホテルで密売人から覚せい剤を譲り受けたとして麻薬特例法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。

有名ダンス&ボーカルグループZOOの元メンバー逮捕という一方は、世間を駆け巡った。
ワイドショーや新聞、インターネットメディアもこぞって取り上げた。

しかし、マスコミにとって重要なのは初動のインパクトのみ。
その後の坂井俊浩については、それほど興味が無いらしく大きく取り上げられることはなかった。

逮捕後

麻薬特例法違反での逮捕された坂井俊浩。
その後、尿検査で覚せい剤と麻薬の陽性反応が出たために覚せい剤取締法違反で再逮捕となった。

起訴

2015年8月18日、覚せい剤取締法違反などの罪で坂井俊浩は起訴された。
起訴内容は、2015年6月下旬から7月7日に若干量の覚せい剤や麻薬を使用したというもの。

裁判~判決

2015年10月8日に東京地裁で判決が坂井俊浩に言い渡された。

求刑は懲役2年。
対して判決は懲役1年6カ月執行猶予3年

薬物事件は、初犯であれば執行猶予が付く確率が高いと言われる。

さらに坂井俊浩はZOOの元メンバーで一般人より知名度が高い。
既にある程度の社会的制裁を受けていることも加味されての執行猶予3年ということだ。

判決後の坂井俊浩のコメント

判決後、報道陣にコメントする坂井俊浩

裁判終了後、坂井俊浩は報道陣に対して次のようにコメントした。

ファンの期待を裏切ってしまい、言葉がない
皆さんと楽しい時間を過ごせたのは人生の宝だ。許されるなら元気な姿をお届けできればと思う

芸能活動の再開予定は未定という坂井俊浩。
彼の年代(40代後半~50代)は、特に薬物事件の再犯率が高いという。

果たして、報道陣へのコメントに見られるように反省をして再起が図れるのだろうか?

それにしても・・・

坂井俊浩が逮捕された当時は、ZOO元メンバーの逮捕とあって衝撃的であった。

しかし、その後に起こる数々の有名芸能人の逮捕を目の当たりにしてしまうと坂井俊浩の逮捕が小さいものに感じてしまう。
事件に大小もないのだが、チャゲ&飛鳥のASKA逮捕や元プロ野球選手の清原和博の逮捕、さらには元俳優の高知東生が逮捕されるなど次々と起こる大物芸能人の薬物事件を考えると坂井俊浩が薄れてしまうのも仕方ないだろう。

それにしても、芸能界と薬物との因果は一般人の想像より遥かに根深いもののようだ。
次はいったいどんな大物芸能人が逮捕されるのやら・・・。

 - ニュース , , , ,