暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

【黒い桐谷美玲】めざましキャスター岡副麻希の柔軟がシュールすぎると話題に!

      2016/09/01

「めざましテレビ」や「めざましどようび」に出演中の肌の黒い美女・岡副麻希(おかぞえまき)。

彼女はその小麦色の肌が特徴であり、肌の黒さに定評がある松崎しげると並び称される。
女・松崎しげるの異名でも呼ばれるほどだ。

彼女のエピソードやトークからは天然を匂わせるシーンが数多く存在する。
そこに目を付けたのか、彼女のテレビ出演は日を追うごとに増えて行っている。

しかし話題はそれだけではない。
彼女のルックスは桐谷美玲に似ていると評判になっているのだ。

もうひとつの異名が黒い桐谷美玲である。

話題に事欠かない岡副麻希。
天然エピソードや桐谷美玲との画像比較など気になる情報をお届けしよう!

スポンサーリンク

etn_300用

岡副麻希(おかぞえまき)プロフィール

セントフォース所属・岡副麻希

生年月日
1992年7月29日
出身地
大阪府
血液型
A型
身長
163cm
最終学歴
早稲田大学文化構想学部文芸ジャーナリズム論系 卒業
趣味
散歩 / ペットショップめぐり / 歴史小説を読む
特技
水泳 / 水球 / ピアノ
資格
数学検定準2級 / 漢字検定準2級
所属事務所
セントフォース
公式サイト
岡副 麻希のプロフィール – Cent FORCE Co.,Ltd.

岡副麻希は1992年7月29日生まれの大阪出身だ。

大阪桐蔭高校の卒業生で同級生には乃木坂46の松村沙友理がいる。

ブログやTwitterなどSNSの類は行っていない
ようだ。

褐色の肌の原点

彼女は幼少期から水泳を習っていた。
一時期はオリンピックを目指して練習に取り組んでいたようだが、周囲が強豪と呼ばれる選手が多く挫折をしたという。

彼女が水泳を再開したのは早稲田大学に入学してからだ。

早稲田大学では早稲田大学水泳同好会とSIX BEATというフィンスイミングのサークルに在籍。
フィンスイミングは足ヒレを使って泳ぐ競技でビーフィンは2枚のフィン(フィン=足ヒレ)を使う種目だ。

2012年、第24回フィンスイミング日本選手権の女子1500mビーフィンで優勝している。

これらの経歴から特技は水泳・水球・遠泳といったウォータースポーツである。

岡副麻希の水着姿

水着姿の岡副麻希

そうなると当然だが強い日差しに肌を晒す頻度も多い。
彼女の肌が褐色で女・松崎しげると呼ばれる原点はここにあるようだ。

モデル活動

岡副麻希は大学1年の時に早稲田コレクション2011にモデルとして出場した。

早稲田コレクション2011に出場した岡副麻希

以降ファッション雑誌を中心にモデルとして活動を行っている。
画像を見てもわかるとおり、大学時代の彼女は現在に比べて色白だったようだ。

早稲田コレクション2011にはフジテレビのアナウンサー・宮司愛海も参加していた。

岡副麻希は宮司愛海アナの1つ後輩。
学部が同じで誕生日も一緒とふたりの間には共通点が多い。

フジテレビ宮司愛海は下ネタ好き?セクシーポーズを深夜番組で披露するアナウンサー
フジテレビの若手女子アナ宮司愛海。彼女はなんと下ネタOKなのだ。芸人に好まれそうなキャラだが、もしろ下ネタが好きらしい。エッチなことに興味津々?

本格的な芸能活動

岡副麻希は2014年にセントフォースの子会社・スプラウトに所属した。
女子大生キャスターとして「めざましテレビ アクア」にレギュラー出演し月曜~水曜のお天気キャスターを務めた。

2015年に早稲田大学を卒業した彼女は、スプラウトからセントフォースに移籍

2015年3月に早稲田大学を卒業した岡副麻希

同年4月から「めざましどうようび」にも出演して同じくお天気コーナーを担当。
2015年10月からは「めざましテレビ アクア」と「めざましどようび」のスポーツコーナーを務めるようになった。

水泳に取り組んでいた岡副麻希は新世代の美人スポーツキャスターとして開花する可能性を秘めていると業界関係者が注目を集める人材だ。

出演作品まとめ

ここで岡副麻希が出演する雑誌やCMなどを紹介しよう。

CM

コナミ プロ野球スピリッツA

グラビア

ビッグコミックスピリッツ 2016年25号

原色美人キャスター大図鑑2015

カレンダー

2017年版

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

岡副麻希カレンダー 2017
価格:2700円(税込、送料別) (2016/8/9時点)

松岡修造への憧れぶりがヤバイ

スポーツウーマンの岡副麻希が憧れる人物は元プロテニスプレイヤー・松岡修造だ。
2014年「美学生図鑑」のインタビュー記事に掲載されたプロフィール欄にて松岡修造の名前を挙げていた。

美学生図鑑に掲載された岡副麻希

⇒  東京 岡副 麻希 @早稲田大学(『めざましテレビ アクア』お天気キャスター・フィンスイミング1500m日本選手権優勝) | 美学生図鑑

岡副麻希の松岡修造に対する憧れは常軌を逸している。
それは2015年10月15日に放送されたフジテレビ系「ごきげんよう」のトークで明らかになった。

松岡修造さんが大好きすぎて、松岡修造さんの血を受け継ぎたい!

額面通りに受け取るなら松岡修造の子供が欲しい、松岡修造と子作りしたいと言っているようなものだ。
この発言には司会の小堺一機やゲストのおかずクラブがそろってツッコミを入れていた。

不思議ちゃん?天然?

松岡修造大好き発言からも察することができるだろう。
岡副麻希のキャラクターはズレている。

天然キャラ、もしくは不思議ちゃんといった雰囲気だ。

小学生の時には天然ランキングで1位に選ばれたこともあるという。
彼女のキャラクターは持って生まれたものなのかもしれない。

同じく出演した「ごきげんよう」におけるトークから不思議な印象のエピソードを紹介しよう。

色が黒いのは秋になったから?

岡副麻希の色の黒さは目立つ。
当然だが司会の小堺一機はトークを広げるためにその話題を振る。

小堺『色が黒いですね~』
岡副『これでもだいぶ白くなったんです!』
岡副『秋になったから』

沖縄・与論島は北の国から?

沖縄・与論島へロケに行ったときのエピソード。

VTR出演したフジテレビ・佐野瑞樹アナが彼女に与論島の感想を聞いた時のことである。

岡副『北の国からの世界でした!』
岡副『歩いてみると北の国からの世界なんです!』

説明の必要はないかもしれないが「北の国から」北海道を舞台としたドラマ。
なぜ彼女の口から沖縄の感想で北海道が出てきたのか謎を呼んだ。

やってみたいベスト3

岡副麻希の「やっていたいベスト3」が紹介された話。

その内容は次の通りだ。

  • 1位 滝に打たれたい
  • 2位 女松岡修造さんになりたい
  • 3位 炭酸飲料のCM

松岡修造については先述した通り。
とにかく松岡修造が好きな岡副麻希。

もはや好きを通り越して松岡修造になりたいレベルに達している。

滝に打たれいたいけど寒いのが苦手だから夏がいい!

何のために滝に打たれるのか?
滝に打たれたいけど滝修行がしたいわけではないということだろうか。

とにかく岡副麻希の発言には常人には理解しがたい面がある。

恐怖のストレッチ写真

再三伝えている通り、岡副麻希は水泳に取り組んでいた。
その身体能力、特に柔軟性には目を見張るものがある。

余りにも体が柔らかいためストレッチをしている彼女の写真がシュールすぎると話題を呼んだ。
その写真がこちらだ。

岡副麻希の身体が柔らかぎてシュールに

この画像は「めざましテレビ」公式Twitterアカウントで投稿されたものだ。

柔軟性が高いのは一目瞭然。
しかし柔らかすぎてウエストラインがぐにゃっと曲がっておりシュールな要素が際立ってしまった。

この画像にインターネット上では様々な感想が飛び交った。

  • スゴ!
  • 麻希ちゃん、凄い!!
  • よく見るとちょっと気持ち悪いww
  • しかもなんかちょっとエロいw
  • シュールww
  • 驚きの柔らかさ!
  • 柔らかすぎる!!

黒い桐谷美玲?画像を比較

岡副麻希のルックスは桐谷美玲に似ていると話題になっている。
肌の色の黒さが目立つので第一印象は「黒い」となるのは仕方ないが、次点は桐谷美玲に似ているということのようだ。

それ故に彼女は黒い桐谷美玲の異名を持つ。

実際に岡副麻希と桐谷美玲がどの程度似ているのか画像を比較してみよう。

岡副麻希と桐谷美玲は似ている?画像比較

顔が同じ系統なのだろう。
細部が違っていても全体的な印象から確かに桐谷美玲に似ている。

黒い桐谷美玲というもう一つの異名も納得である。

 - エンタメ , , , ,