暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

号泣お天気お姉さん岡田みはるが番組クビ!騒動が原因?

      2016/09/01

2015年12月、NHK山形放送局の番組「ニュースやまがた6時」のお天気コーナーで突然号泣したことが話題になった岡田みはる

岡田みはる,号泣

その岡田みはるが2016年3月25日の放送で番組を降板することになった。

昨年12月、NHK山形放送局のローカル番組「ニュースやまがた6時」で天気予報中に号泣した気象予報士・岡田みはるさん(年齢非公表)が25日の放送を最後に降板することが23日、分かった。

やはり話題になった号泣騒動が原因なのだろうか?

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

岡田みはる号泣騒動とは?

事の発端は2015年12月1日放送のNHK山形放送局が放送するローカルニュース番組「ニュースやまがた6時」での出来事。

同番組でお天気コーナーを担当していた岡田みはるが放送中に号泣する場面が放送されてしまった。
号泣の原因は、岡田みはるが想定していた場面と異なる映像が表示されてしまったことからパニックになり、うまくコメントできなかったからとされている。

一部の情報では、人間関係やセクハラ、パワハラといったものが原因とも言われているが真相は不明である。
詳細は↓の記事を参照頂きたい。

通常の番組卒業では?

岡田みはる突然の降板と言われているが3月25日なら通常の卒業と同じなのでは?

彼女が番組でお天気コーナーを担当するようになったのは2015年から。
通常、NHKの番組でお天気を担当するキャスターは2年~3年の期間を務める。

しかし、岡田みはるは1年ほどで降板となるため通常の番組卒業とは異なる事情のようだ。

岡田みはるは騒動の責任を取らされた?

NHK山形放送局は、岡田みはるの降板理由を明らかにしていない。

一部情報によると、岡田みはる本人は続けることを希望したものの、号泣騒動が原因でその責任を取らされたようだ。

号泣騒動以前にも、番組スタッフが原因で放送事故が何度も起きていたと言われており、岡田みはるの責任だけではなく組織的課題も抱えていたと言われている。

そのような諸々の責任を号泣騒動の本人となった岡田みはるが一手に背負う形になってしまったのだろう。

岡田みはるが所属するウェザーマップは「NHK山形放送局に確認して」として今回の交番については触れていない。
NHK山形放送局は「事前にキャスターやリポーターの発表は行っていない」として降板への言及を避けた。

「臭い物に蓋をする」NHKらしい対応なのかもしれない。

岡田みはるの今後はどうなる?

ウェザーマップ所属の気象予報士であり、フリーアナウンサーではないことから仕事がなくなるわけではない。
お天気キャスター以外にもイベントや執筆、講演など様々な仕事はあると思われる。
露出がないだけで、裏方の仕事も存在するだろう。

では、お天気キャスターとしては今後別の番組に出演するのだろうか?

号泣騒動の責任を取らされる形であれば、NHKの番組に出演することはないだろう。
しかし、「番組中に号泣したお天気お姉さん」というステータスと多少の話題性を考えればどこかの民放テレビ放送局、もしくはラジオ局が起用を考える可能性もゼロではない。

世間が再び岡田みはるをこの目に、この耳にすることはあるのだろうか?

 - エンタメ , ,