暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

Mummy-D『俺はチェケラッチョーくんだった』インタビューで語った内容とは?

      2016/09/03

ちょんまげ風の独特な髪型が特徴のMummy-D

ヒップホップ界のモテ男は、ミュージシャンだけではなく俳優やナレーターとしての一面も持っているようだ。
Mummy-Dのミュージシャン以外の活動を見てみよう。

そして、彼のインタビュー
これが興味深いものになっている。

「マボロシ」での活動期間で、彼はいったい何に気付き、何を思い知ったのか?
その後のRHYMESTERの音楽に変化を与える分岐点となったとも言えるようだ。

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

Mummy-D(まみーでぃー)プロフィール

RHYMESTERのMummy-Dこと坂間大介出典:www.cinra.net
本名
坂間 大介(さかま だいすけ)
生年月日
1970年4月14日
出身地
神奈川県横浜市
血液型
A型
身長
174cm
趣味
写真 / 酒 / 歴史(日本史)
最終学歴
早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
結婚
既婚
職業
ヒップホップMC / トラックメイカー
所属事務所
スタープレイヤーズ
公式サイト
RHYMESTER | Mummy-D
ブログ
starplayers

Mummy-Dこと本名・坂間大介は、1970年4月14日生まれの神奈川県出身。

中学時代のあだ名は「マミー」で、Mummy-Dはこれを由来としている。

神奈川県立横浜緑ヶ丘高校時代はサッカー部に所属。
この頃から音楽活動も行っていたようだ。

  • 文化祭で友人のバンドにギタリストとして参加
  • 別の高校に通っていた弟と一緒にステージ参加
  • 個人で初ステージ

高校を卒業したMummy-Dは、早稲田大学政治経済学部に進学。
早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシー」で宇多丸、DJ JINと出会い、1989年に彼らとRHYMESTERを結成した。

RHYMESTER以外にも、ヒップホップグループ「マボロシ」には本名の坂間大介でMCとして参加する一方、Mr.Drunk名義でトラックメーカー(作曲家)として活動を行っている。

写真が趣味でブログに写真を掲載している。
また、歴史好きで古跡めぐりをすることもあるようだ。

RHYMESTERのメンバー

RHYMESTERは、3人組のヒップホップグループ。

  • 宇多丸 マイクロフォンNo.1。本名:佐々木士郎(ささきしろう)
  • Mummy-D マイクロフォンNo.2。本名:坂間大介(さかまだいすけ)
  • DJ JIN ターンテーブルNo.1&2、マイクロフォンNo.3。本名:山本仁(やまもとじん)

旧メンバー

  • Dr.Looper 本名:藤田飛鳥
  • DJ Chocolate 本名:久世衛
  • マスター・ティー 本名:臼井俊朗

実家と弟

Mummy-Dの実家は、せんべい屋だという。
実家からは勘当されていた時期があったが現在は和解しており、両親がライブ会場を訪れることもあるようだ。

弟は「FUNKY GRAMMAR UNIT」のKOHEI JAPAN
MC、トラックメーカーとして活動している。

Mummy-Dの弟、KOHEI JAPANこと坂間広平

KOHEI JAPANの本名は、坂間広平(さかまこうへい)である。

Mummy-Dの髪型

「ちょんまげライマー」と呼ばれる特徴的な髪型のMummy-D。
これは、パーマがかかった長髪をちょんまげ風に結んでいるそうだ。

ちょんまげライマー・Mummy-D

そうはいっても、必ずしもこのちょんまげ風に結っているわけではない。
髪を下した姿は、奥田民生っぽい印象だ。

Mummy-Dと奥田民生

左がMummy-Dで右が奥田民生だ。
このふたり、結構似ているのだろうか。

俳優とナレーション

Mummy-Dは、音楽以外にも活動を行っている。
俳優としてドラマやCMに出演、NHK・Eテレでナレーション担当などだ。

ドラマ

ゲームの<規則> 藤田 役

特殊詐欺をテーマにしたドラマで、「藤田」は詐欺組織の頂点に君臨する。

トランジットガールズ 葉山圭吾 役

トランジットガールズ・葉山圭吾役のMummy-D

主人公・葉山小百合の父親で日本料理店「葉やま」の主人。

ナレーション

あしたをつかめ~しごともくらしも~

⇒ Mummy-D(ラッパー)| あしたをつかめ ~しごともくらしも♥~ | NHK

なお、番組テーマソングはRHYMESTERの「The Choice Is Yours」が使用された。

The Choice Is Yours [ Rhymester ]
価格:1013円(税込、送料無料)

人生デザイン U-29

⇒ 人生デザインU-29 | NHK

CM

マガシーク「うっかり篇」郵便局員 役

トビタテ!留学JAPAN 文部科学省ムービー「Dear Father」

Mummy-Dインタビュー「俺ただのチェケラッチョーくん」

Mummy-Dが音楽ナタリーで語ったインタビュー記事が興味深いものとなっている。

ヒップホップという守るべきルールがある。
その中でMummy-Dは縛られない自分の音楽を作っているつもりだった。

しかし「マボロシ」で活動する中で、日本語ラップが世間的にどうみられているかを思い知ったそうだ。

  • クソラップ、イラネ
  • シネ

ディスられる言葉よりも、世間から見ると自分は「チェケラッチョーくん」だったということに気付いてショックを受けたようだ。

これまで自分たちの作ったRHYMESTERサウンドをウリにしていたスタイルが「ONCE AGAIN」以降は外部プロデューサーを迎えるように変わっていった。
より大きな視点から音楽制作に取り組むようになったようだ。

RHYMESTERが活動を再開した2009年から2014年までの音源をまとめたベストアルバム「The R ~The Best of RHYMESTER 2009-2014~」をリリースした。彼らは活動休止以前とは明らかに違うスタンスで、今も日本のヒップホップシーンを牽引し続けている。彼らがこの5年間で何を思い、これから何をしようとしているのかを聞いた。

出典:RHYMESTER「The R ~The Best of RHYMESTER 2009-2014~」インタビュー (1/3) – 音楽ナタリー Power Push

 - エンタメ , ,