暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

曲よりも暴露話を叩き売り!?華原朋美、崖っぷちタレントへ転向か?

      2016/09/05

かつてはミリオンセラーで芸能界で成功を収めていた華原朋美(かはらともみ)。
順風満帆だった華原朋美の芸能活動も、元恋人の小室哲哉との破局を機に崖をものすごい勢いで転げ落ちるかの如く転落していった。
もはや墜落と言えるかもしれない。

ガス中毒薬物中毒で緊急搬送されることも度々報道され、いつしかトラブルのイメージがついた華原朋美。
一時期は隔離病棟へ入院していたこともあるほどひどい精神状態だったようだ。

そして、2015年現在は何か吹っ切れたのか?
バラエティ番組などでかつての恋愛に関する暴露話を武器とし始めた。

競争が厳しい芸能界では、なりふり構っていられないのだろうが、それほど華原朋美は芸能界で崖っぷちに立たされているのか?
華原朋美の過去のトラブルを振り返って、栄光と挫折の芸能生活を見てみよう。

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

プロフィール

華原朋美は東京都江東区だが、育ったのは千葉県浦安市である。
昭和学院小学校 ⇒ 私立松蔭中学校 ⇒ 私立松蔭高等学校卒業。
実家は千葉県で鉄鋼関連や福祉施設を経営する裕福な家庭
兄は、株式会社シルバーウッドの代表取締役・下河原 忠道

華原朋美のグラビアアイドル時代

世間的にはアーテイスト華原朋美のイメージが強いだろう。
様々な騒動については一旦置いておくとして。

しかし華原朋美のデビュー当時はグラビアアイドルで、芸名は三浦彩香(みうらあやか)と遠峯ありさ(とおみねありさ)である。

華原朋美,遠峯ありさ

三浦彩香時代は年齢を4つサバ読んでいたようだ。
当時19歳だったにも拘わらず三浦彩香 15歳として活動していた。少々無理があると思われるが、その為か、三浦彩香のタレント生命は短かった。

遠峯ありさ時代の1994年頃、出演していたバラエティ番組「天使のU・B・U・G」の番組プロデューサーを通して小室哲哉と知り合い、ほどなくして交際がスタートした。
ちなみに小室哲哉の初婚は1988年の元アイドルデュオ「キララとウララ」のキララこと大谷香奈子(おおたにかなこ)である。
大谷香奈子とは1992年に離婚している。
その為、小室哲哉と華原朋美は不倫などの不適切な関係ではない

また誤解されがちだが、小室みつ子は小室哲哉が所属していたTM NETWORKへ歌詞を提供していたシンガーソングライターで、小室哲哉との婚姻実績はない。
偶然、苗字が一緒だった赤の他人である。

アーティストデビューで輝かしい実績

現在は見る影もなくなってしまったが、華原朋美はシングル3曲でミリオンセラーをたたき出していたアーティストである。

また、ファーストアルバム「LOVE BRACE」はダブルミリオンを達成している。
華原朋美は現在の崖っぷちなイメージからは想像もつかない実績を持っている。

破局や薬物中毒、華原朋美の転落人生

順調なアーティスト人生を歩んでいた華原朋美。
しかし、とある時期を境にアーティスト華原朋美が転落していくことになる。
休養と復帰を繰り返していたため、芸能活動の浮き沈みが激しくなった

小室哲哉と破局

1998年12月、遠峯ありさ時代から交際していた小室哲哉と破局。翌年1月に破局が報じられた。

当時を振り返って、華原朋美は小室哲哉との破局についてこう語っている。

あの人と離れて すべてが変わった
急に消えました。急にいなくなったんですよ、私の前から

小室哲哉が家に帰ってこなくなったらしい。
そのことを当時の華原朋美は周囲に打ち明けられず、唯一泣きついたのは浜田雅功だったようだ。

浜田は「収録終わりに、朋ちゃんがオレの楽屋に来て『どうしたん?』って言ったら、泣きながら『家に帰ってこないんです』。オレにしか言うとこないって。『浜田さん、何とかしてください!』って。いや、オレ、それはよう言わんわ。ええ大人に「家、帰りなはれ」とは、オレ、よう言わん」と振り返り、スタジオは爆笑に包まれた。

ガス中毒で入院。一時は重体とも。

1998年末に小室哲哉と破局した華原朋美。
翌年1999年1月から休養をしていたことが、ガス中毒の入院に関する報道で判明した。
小室哲哉との破局も同タイミングで報じられた。

ガス中毒については、自宅で料理中に中毒症状を起こして緊急入院。
一時は意識不明の重体であったが、意識を取り戻し、翌日には退院した。

これ以降、華原朋美には体調不良や精神面の不調によるトラブルが多々報じられることになる。

復帰会見⇒再入院⇒復帰会見と不安定な華原朋美

ガス中毒騒動後、1999年5月に華原朋美は復帰会見を行う。
しかし、復帰会見の1週間後には貧血により再び入院となった。
6月17日に、再び復帰会見を行うも万全の体調とはいかなかったようだ。

自分探しの無期限休養

再入院から復帰後はテレビ出演やシングル発売など比較的順調に見えた華原朋美。
しかし2000年に入り突然の無期限休養
「100%の自分を取り戻す」ためにカナダへ旅立った

2001年、帰国。しばらくは安定の華原朋美

帰国後、再復帰シングルを発売。
歌にテレビにミュージカルと安定の芸能活動を行っていた。

しかし、2006年12月には出演していたミュージカルの公演中に急性気管支炎と急性声帯炎を発症した。
一時休演するもなんとか復帰した。

事務所契約解除、そして薬物中毒で搬送

ミュージカルはなんとか踏ん張った華原朋美も年が明けた2007年は4月まで気管支炎の影響で休養に入った。
5月には仕事を再開したものの、2007年6月28日付で所属事務所のプロダクション尾木と契約を解除するに至った。

突発的な仕事のキャンセルが相次いだ為である。
所属していたレコード会社であるユニバーサルミュージックとの契約も解除となった。

契約解除に至った仕事のキャンセルについて後日、華原朋美本人は体調や精神面の不調と尾骨骨折が理由であったことを明かした。

2009年1月17日、華原朋美は病院へ緊急搬送された。
精神安定剤の大量服用による急性薬物中毒である。
2010年8月29日にもタクシー乗車中に意識朦朧となって病院へ搬送。

薬物に強く依存するほど精神が不安定だったようだ。

当時、華原朋美に部屋はゴミ屋敷と見間違えるほどの状態で、風呂も入らず食事は薬
ペットの犬はベッドの下でおびえていたそうだ。

そんな華原朋美を見かねた家族は、彼女を精神科の閉鎖病棟へ入院させる苦渋の判断を下した。

華原朋美の精神状態は想像以上に酷いものだったようだ。
銃を持っている人間や有名人が説得に来る、そういった幻覚が見えることもあったという。

それでも徐々に回復し、「よくなった、退院する、薬はもうのまない」──そう誓った日も幾度となくあったが、その度に薬をのむという繰り返し…。華原にとっても家族にとっても無間地獄のような毎日だった。

崖っぷち?恋愛破たんキャラが定着か?

想像以上に過酷な状況に陥っていた華原朋美。

しかし2012年には契約解除されたプロダクション尾木と交渉の結果、再契約に至った。
その後は比較的順調な芸能活動と言えなくもないが、かつてのミリオンセラーアーティストとの面影は薄くなっているのかもしれない。

2015年現在、華原朋美は何かが吹っ切れたのだろうか?
崖っぷちアイドルの如く、過去の暴露話を繰り広げているようだ。

特に小室哲哉との交際時期については、ベッドでの出来事などを2015年11月1日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」で披露している。
当然テレビで放送できる内容ではある。

小室哲哉と華原朋美がベッドで一緒に寝ていた、目が覚めたら周りに子供が居たらしい。
有名人が住んでいるということで侵入してきたようだ。

その他にも、悪い男を好きになったり、狙った男にはもうアプローチする話も披露している。
ただし、ピー音で隠されてることが多いので内容があまり視聴者に理解できないのは残念だ。

それにしても華原朋美。
矢口真里・熊切あさ美と並んで芸能界3大暴露タレントと化している

 - エンタメ , ,