暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

芸能界の薬物逮捕⇒復帰の成功率が高すぎる!?やはり薬物に甘いのか?

      2016/09/05

土田晃之が森脇に怒っているようだ。
森脇と言っても森脇健児ではない。有吉弘行の元相方、元猿岩石の森脇和成である。

猿岩石で大人気になったものの、その後人気が衰えて引退していった森脇和成。
様々な職を転々としサラリーマンに落ち着いた森脇和成だが、テレビ朝日の「しくじり先生」に出演。

自身の失敗談を語ったのち、会社を辞めたと告白。
芸能界復帰するつもりか?と憶測が飛んでいたが、やはり芸能界に戻ってきた。

土田晃之の怒りはこの森脇和成の復帰についてである。

復帰するのは勝手ではあるが、土田晃之は何故怒っているのか?
芸能界は甘くない!と断じたようだが、本当にそうだろうか?
我々は「芸能界甘いんじゃない?」と何度も思ったはずである。

土田晃之の怒りの原因と芸能界が甘いかどうかについて考察してみよう。

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

森脇和成に怒る土田晃之。その原因は?

土田晃之が森脇和成に怒りを見せているポイントは単純明快である。

加えて、芸人仲間も歓迎ムードではないようだ。土田晃之がラジオで森脇について「ふざけんなよ、と思って。ちょっとやっちゃ次の仕事の繰り返しで、また戻ってきただけ。そんなに芸能界は甘くない」と一刀両断。他の芸人も、売れなくても踏ん張り続けてテレビに出られるようになった立場からは、有吉への便乗めいた森脇がひな壇の一角に座るのもおもしろくないはず。トーク番組に出ても、いい“パス”がもらえるのか。

猿岩石のブームが下火になった後、有吉弘行はピン芸人として芸能界で苦労を重ねて人気タレントとして復活をした。
森脇和成はそのまま芸能界を引退した。それ自体には土田晃之は怒っていないであろう。
問題は引退後である。
引退後に始めたサパークラブが半年で破綻。
その後13種類の仕事を転々としていたのちに、ブランド品輸入販売会社の営業職に就いた。

芸能界復帰の足掛かりとなった「しくじり先生」では「根気がなくて芸人を辞めちゃった先生」というテーマで、引退後の仕事についても続かなく、すぐに辞めていた話を披露していた。

それを踏まえた上での芸能界復帰である。

猿岩石時代は、芸人としての実績が残せているわけではない。
職を転々としていたため、これといったスキルが磨かれたわけでもない。
この状態で芸能界で何を売りにしていくのか?
一般人の我々や芸人たちはこう思ったはずだ。

有吉のスネをかじるの?

芸能界本格復帰後の初出演テレビ番組は「踊るさんま御殿」であったが、爪痕どころかトークにまともに入れない有様だった。
これでは、「有吉頼み」と思われても仕方がないし、土田の「芸能界を甘く見ている」という感想も頷けるものである。

つまり土田晃之は芸能界への復帰を簡単に考えている森脇和成に怒り心頭なのである。

芸能人の薬物事件と復帰例

それにしても本当に芸能界は甘くないのだろうか?

我々はそう思うだけの事件を目撃してきている。
代表的な事件は芸能界の薬物事件である。

何人もの芸能人が薬物で逮捕、謝罪、今後の人生は社会貢献などを行い芸能界には復帰しないと宣言しつつもほとぼりが冷めたころに復帰しているのである。

薬物で捕まっても復帰できる芸能界は甘い

という認識が世間に広まっているのは間違いではないはずだ。
そこで芸能界の過去の事件と復帰状況を振り返ってみよう。
※記事のテーマ上、復帰状況も確認したいため初犯で服役中のケースは記載しないこととする
※小さなものまで考慮すると思っていた以上に芸能人の犯罪が多いため、殺人と薬物に限定する

  • 【復帰】カルーセル麻紀 大麻取締法、及び麻薬及び向精神薬取締法違反
  • 【復帰】研ナオコ 大麻取締法違反
  • 【復帰】YOU THE ROCK★ 大麻取締法違反
  • 【復帰】ミッキー吉野(ゴダイゴ) 覚醒剤取締法違反
  • 【復帰】今井寿(BUCK-TICK) 麻薬取締法違反
  • 【復帰】翔(元横浜銀蝿) 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】DAISHI(Psycho le Cemu) 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】田代まさし 盗撮 / 覚せい剤取締法 / 銃刀法 / 麻薬及び向精神薬取締法違反
    ※直近の盗撮疑惑については盗撮はしていないが、誤解される行動だったために東京都迷惑防止条例違反ということになったようだ
  • 【復帰】内田裕也 大麻取締法違反 / 銃刀法違反 / 強要未遂 / 住居侵入
  • 【復帰】清水健太郎 業務上過失致死 / 大麻取締法 / 覚せい剤取締法 / 麻薬及び向精神薬取締法 / 自動車運転過失致死 / 道路交通法違反
  • 【復帰】萩原健一 大麻取締法 / 酒気帯び運転 / 業務上過失致死 / 恐喝未遂
  • 【復帰/服役中?】小向美奈子 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】岩城滉一 覚せい剤取締法 / 銃刀法違反
  • 【復帰】中村耕一 大麻取締法 / 銃刀法 / 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】赤坂晃 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】大森隆志 覚せい剤取締法 / 大麻取締法違反
  • 【復帰】酒井法子 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】いしだ壱成 大麻取締法 / 麻薬及び向精神薬取締法違反
  • 【復帰】Sakura(元L’Arc?en?Ciel) 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】岡村靖幸 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】槇原敬之 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】長渕剛 大麻取締法違反
  • 【復帰】美川憲一 大麻取締法違反
  • 【復帰】錦野旦 大麻取締法違反
  • 【復帰】江夏豊 覚せい剤取締法違反
  • 【復帰】井上陽水 大麻取締法違反
  • 【引退】中山史奈(元グラビア、梨花の妹) 毒物及び劇物取締法違反
  • 【引退?】押尾学 麻薬取締法 / 保護責任者遺棄致死
  • 【引退】加勢大周 覚せい剤取締法 / 大麻取締法違反
  • 【引退】西川隆宏(元DREAMS COME TRUE) 傷害 / 覚せい剤取締法違反
  • 【不明】清水芹夏 麻薬取締法違反
  • 【故人】克美しげる 殺人 / 覚せい剤取締法違反
  • 【故人】勝新太郎 アヘン所持 / 麻薬取締法 / 大麻取締法違反
  • 【故人】尾崎豊 覚せい剤取締法違反
  • 【故人】桑名正博 麻薬取締法 や/ 大麻取締法 / 強制わいせつ致傷

芸能界は甘い?辛い?

知名度の高い芸能人も含めて、想像以上に逮捕歴のある人物が多かった。
先のリストは服役中や判決前の人物は除いているが、それでもこの数である。
しかも故人を除けばほとんどの人物が芸能界へ復帰している。

確かに芸能界で生き残っていくのは甘くないのかもしれないが、薬物に関しては激甘な世界でもあるようだ。
過去の報道で大体の名前は目にしていたはずだが、改めてリストにして逮捕者と復帰の割合を確認すると恐ろしい業界だと感じてしまう。

芸能界はなぜ薬物に甘いのか?

一般社会では、薬物で逮捕されれば当然会社をクビになる。
罪を償って社会復帰しようにも、職種によっては以前と同じような仕事に就くことは難しいだろう。
前科者を雇ってくれるほど企業は寛容ではない。
雇ってくれそうな所しか選択肢がなくなっていくのである。

芸能界も所属事務所を解雇されるだろう。
以前と同じ仕事状況というわけにはいかないかもしれない。
しかし、芸能界の場合は1度の薬物逮捕であればほとんど以前と同じ活動・活躍が出来てしまう。

何故なのだろうか?

芸能人は商品だからではないだろうか?
何度も逮捕されていれば話は別だが、1度の逮捕であれば冷却期間と復帰への戦略で商品価値を回復させることが十分に可能なのだと考えることが出来る。
お金が儲かるなら周囲の人間も前科一犯くらいなら寛容になるのかもしれない。

 - ニュース ,