暇つぶしに最適!他とは違うウェブエンタメマガジン

騒ぎが嫌ならネズミの国で仮装を!2016年ディズニーハロウィンイベント簡単まとめ

今年の渋谷もハロウィンで大騒動が起こるのだろうか?

昨年も酷いありさまだった。

どのように酷かったのかは記事にまとめてあるので見てもらった方が早いだろう。

さて、安全に楽しく仮装ハロウィンを楽しむなら何も渋谷に頼る必要はない。

日本が誇る東京ディズニーランドでも園内で全身仮装ができるスペシャルイベントが展開される。

2016年ディズニーハロウィンイベント

【公式ページ】⇒ 東京ディズニーランド スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」|東京ディズニーリゾート

2016年の「ディズニー・ハロウィン」について簡単にまとめた。

スポンサーリンク

etn_レスポンシブ用

2016年ディズニーハロウィンPR動画

いつから?

ディズニーランドでハロウィン仮装が楽しめるのは次の期間。

  • 第1弾・・・2016年9月9日(金)~2016年9月15日(木)
  • 第2弾・・・2016年10月25日(火)~2016年10月31日(月)

この期間は、大人も子供も全身フル仮装で園内を歩き回ることが出来る。

9月16日から10月24日までは仮装できないので注意。

ただし、ミッキーの耳型のカチューシャといったワンポイントアイテムを装着する分には問題がない。
まあ、これはハロウィン以外の期間でもOKだろう。

第1弾と第2弾の期間は、全身フル仮装がOK、その他の期間は全身フル仮装がNGというわけだ。

ちなみに小学生以下の子供はすべての期間で全身フル仮装がOKとなっている。

ところで全身フル仮装って何?

頭からつま先までキャラクターの衣装に身を包んで園内をウロウロできる姿。

ただし、いくつか制限(ルール)が設けられているので注意が必要。

以下に注意点を書きだす。
より細かいことはディズニーの公式でチェックしよう。

仮装できるキャラクターが決まっている

決まっているが、仮装がOKなディズニー作品の数は膨大なので実質決まってないようなものだ。

神経質になる必要はない。

  • ディズニー映画やゲームに出てきたキャラ
  • 東京ディズニーランド・ディズニーシーのキャラ
  • 園内パレードやショーの出演者のコスチューム

これらがフル仮装OKなキャラクター定義だ。

仮装対象の作品一覧はディズニーの公式サイトの一覧で確認しよう。

こんな仮装はNG

園内で出来ない仮装というものもある。

以下にやってはいけない仮装のケースをまとめた。

マーベル作品

なお、公式サイトにはこんな一文がある。

※マーベル社のキャラクターへの仮装はご遠慮ください。

アメコミのマーベルはディズニーに買収され傘下に入った。

これを知っていれば「マーベルコミックのヒーローの仮装もOKだろ?」と思われがちだが、キャラクター権利は依然マーベルが持っている。

そういった理由からこの一文が掲載されていると思われる。

ちなみにマーベル作品のキャラクターとは映画「アベンジャーズ」に出てくるキャラクターや「スパイダーマン」などのこと。

詳しくはマーベルの公式サイトでチェックしよう

東京ディズニーリゾートのキャストの仮装

つまり、一部例外を除いてディズニーランドやディズニーシー、その他関連施設のキャスト(スタッフ)の恰好はダメということだ。

きっとこんな感じの服装を指すのだろう。

その例外は、先に書いたとおり「園内パレードやショーの出演者のコスチューム」のこと。
フル仮装OKと明示されているので、これは問題ない。

園内スタッフの恰好なんて紛らわしいから、当然といえば当然。

マスクなど顔がわからなくなる

仮面やマスク、誰かわからないメイクなどはNG。

おそらくこんな感じのものだ。

下手をするとテロリストや犯罪者に利用されてしまうので当然の判断。

公式サイトでは具体的に例を挙げている。

  • 顔全体:全体的に肌と違う色や濃い色を塗る、傷跡や血のりを描く・付ける
  • 口元:口元全体にひげを描く・付ける(一部分であればOK)
  • お面、つけ鼻、ゴムマスクの着用

これらはすべてNG。
入園前、後に関わらず園内に居ることができなくなる。

危ないアイテム

全身フル仮装するとキャラクターによっては、杖やナイフなどを持っていることもある。

具体的には次のようなものがNGだ。
理由は「危ない」から。

  • 棒・長杖
  • 危険物(ナイフ・モデルガン・花火等)
  • インラインスケート・キックボード・スケートボード
  • その他、幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグ等に入らないもの

セクシー

ギリギリのグラビアアイドルみたいな恰好は、公序良俗的にもNG。

具体的には「肩ひものないもの・おなかの露出」、このレベルはアウトだ。

アラジンのジャスミンは?露出高いよ?

この場合は、上着で隠してしまうか、アンダーウェアを着て隠すかが必要だ。

アンダーウェアと分かるなら肌色でも問題ないかもしれない。

長いドレス

裾が長い、幅をとるようなドレスは危ないのでNG

アナ雪のエルサのようなドレス。
これは地面まで伸びている。

このくらいが望ましいだろう。

水着・下着・全身タイツ

水着と下着は当然だろう。
下着姿で園内をうろついては変態さんだ。

それ以外に全身タイツもダメ。

当然じゃん、と思われがちだが、黒い全身タイツにズボンをはいて耳を付けるようなミッキーの仮装もダメということになる。

仮装ルールのまとめ

長々となってしまったが、まとめると常識の範囲内で安全な仮装、そしてディズニーが仮装OKとした作品やキャラクターなら問題ないということになる。

園内ならどこでも仮装していて良いの?

仮装ができるのは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの園内。
但し書きがないので、園内全域で仮装がOKと読み取れる。

着替えはどこで?

9/9~9/15と10/25~10/31は、園内に着替えスペースが設けられる。

ただし、この手のイベント時には着替えスペースは混雑することが一般的だ。

長時間待ってイライラするくらいなら自宅や宿泊先から仮装をしていった方が良いのだろう。

とはいえ、電車やバスなどで向かう場合は流石に問題がある気がする。

公共の場所であまりに浮くような仮装であれば、大人しく着替えスペースを使うか、レンタカーの利用などを考慮したほうがよいだろう。

着替えスペースの具体的な場所についてはディズニーの公式サイトでチェックしよう。

全身フル仮装はどこで買うのか?

東京ディズニーランドホテルには「ビビディ・バビディ・ブティック」ショップがある。

子供、しかも女の子向けのみだがプリンセスのコーディネートを一括で行ってくれるようだ。

ドレス等々はレンタルではなく購入のようなので詳しくはビビディ・バビディ・ブティックの公式ページで確認しよう。

幼児、男の子、及び大人向けは自前で用意するしかないようだ。

というわけで、おススメのディズニー仮装を販売するショップを探してみた。

リトルプリンセスルーム

プリンセス系ディズニー仮装販売「リトルプリンセスルーム」

プリンセス系の衣装が10000円弱で購入できる女の子向けの衣装ショップ。

⇒ リトルプリンセスルーム

▲気になる人はリンクをクリック▲

Mars shop

ハロウィン衣装販売「Mars shop」

キッズ用から大人用までハロウィンやディズニーキャラクターの衣装がお手頃価格で見つかるショップ。

⇒ Mars shop

▲気になる人はリンクをクリック▲

オレンジマミー

アメリカ直輸入のレアアイテムも販売「オレンジマミー」

アメリカ直輸入のレアなディズニー衣装も販売しているキッズ向けショップ。

⇒ オレンジマミー

▲気になる人はリンクをクリック▲

zakka green

ディズニー衣装も販売する雑貨店「zakka green」

雑貨屋だが、ハロウィン用にディズニー衣装も販売している。
こちらのショップは大人から子供まで男女問わずに揃っている。

⇒ zakka green

▲気になる人はリンクをクリック▲

キャラクターコレクション

ディズニーグッズ通販ショップ「キャラクターコレクション」

ディズニーグッズの通販ショップ。
ディズニー衣装の種類はNo.1と言える。

⇒ キャラクターコレクション

▲気になる人はリンクをクリック▲

楽しい思い出に

日本でもハロウィンが浸透しており、季節のイベントとして定着してきている。

しかしニュースを見てもわかるとおり、サッカーイベントなどと同様、皆が街で騒ぐようになってしまった。

盛り上げることが悪いわけではないが、2015年の渋谷の様子を見てもわかるとおり、お店や買い物客に迷惑が掛かるケースも出ている。
さらには逮捕される輩も。

もちろん、一定の理性が保てているなら経済効果の意味でも街をあげたハロウィンイベントは行うべきだとは考えているので、それらを否定するつもりはない。

しかし東京ディズニーランドのような安全が最大限確保されたエリアであれば、これらの騒ぎとは異なるハロウィンが楽しめるだろう。

もし小さな子供がいる家庭や安全にハロウィンを楽しみたいカップルは、2016年のハロウィンをディズニーランドで過ごしてみてはいかがだろうか?

 - 特集・まとめ ,